web業界で10年近く働いてるけど、アフィリエイトで稼げるようになるのか?

a0001_000310

みなさんこんにちは。 やんじです。

web業界でプログラマーとして働いて10年になります。

元々は副業でやろうと調べてましたが、調べている途中で欝になり会社に行けなくなりました。

この業界に身を置いていると、アフィリエイト、リスティング、クリック率なんてキーワードは良く出てきますが、僕個人ではあまりアフィリエイトに深く関わる事はありませんでした。

「本当に月何十万も稼げるようになるのかよ」と最初は思っていましたが、どうやら本当に稼いでいる人が居る。

でもどうせ「親だけ儲かって子は損する仕組みなんだろ?」って思ったら、どうやら違う。

そうして調べて実践して行くうちに、まだネットビジネスを初めて2ヶ月目ですが分かってきた事があります。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

物販、情報、ポイントなどのアフィリエイトの種類とは

アフィリエイトって何ぞや?って人はこの辺を見てね。

一口にアフィリエイトと言っても幾つかの種類があります。

ここでは代表的な4つのアフィリエイトを紹介します。

■広告設置型

google AdSenseに代表される、広告を設置してその広告がクリックされたら何円か入ってくるアフィリエイト。

収益率が最も低いけど、クリックしてもらうだけでお金が入るので、沢山の人に見て貰えたらそれなりの収益があがる仕組み。

10万円稼ぐには月間で30万PVくらい必要になる。

■物販アフィリエイト

Amazonに代表される「物を売って紹介料を貰う」というアフィリエイト。

ブログで紹介したCDや本が売れると販売価格の数%が紹介者に入る仕組み。

200万円分の売り上げを発生させても精々入ってくるのは数万円くらい。

■情報商材アフィリエイト

情報自体を商品としているアフィリエイト。

いわゆる「教材」であったり、ハウツー物だったりする。

商品は一度作れば量産するのにコストの掛からないPDFや音声、動画ファイルでやり取りされるため利益率が異常に高い。2万円の教材を売ると1万とか入ってくる。

■ポイントサイト

厳密にはアフィリエイトと言えるのかってのはあるけど、ポイントサイト経由で買い物をするとポイントが付く。

そのポイントでまた買い物ができるんだけど、友達を紹介する事によって「友達紹介ポイント」が入り、その友達がポイントサイト経由で買い物をしたら自分にもポイントが付いちゃう。

なんだただのねずみ講かって思ってしまうけどこれの凄い所は、自分のサイトでポイントサイトを紹介して、それ経由でポイントサイトに登録して買い物してくれる人を増やす。

そして増やせは増やす程、自分は何もしなくても毎月ポイントが溜まっていく所にある。

欲しい物がポイントサイト経由で買えなければアウトだけど。

教材は買うべきか

買わなくていいです。

時間が無いならまず取っ掛かりを掴む為にも、ネットで転がっている情報よりもまとまった情報を集中して得られる場合があるので、教材を買うメリットは有ります。

ただ、時間が有るならネットで自分で調べて試行錯誤をしながらやっても十分です。

既にブログやアフィリエイトで収益を上げている人の有料サロンに入ってみてもいい。

勘違いをしてはいけないのが、教材に書いてあるノウハウをそのまま実践しても大抵の人は稼げない。

それを自分の中に落とし込み、研究して実践できる人に可能性が出るくらいだ。

教材を買えば必ず稼げると思ったら間違いなく失敗します。

教材には「これで稼げる」と書いてあります。当たり前です。教材を売りたいんですから。

僕は教材を選別するにあたって色々な教材を調べました。

その教材で実際に稼げるのか、どれくらいの人がどれくらい稼いでいるのか、持続性はあるのか、稼ぐ為に行わなければいけない作業量はどれくらいか。

そうすると「これだけ稼ぎました!」「この教材でこうして稼げました!」なんてブログやサイトが幾つも出てきます。

有名な教材になればなるほど沢山のブログが出てきます。

その中で月何十万って稼いでいる人なんて結局「情報商材」、ようはその教材自体を売って稼いでいるねずみ講のようなものです。

そういった人たちの関係性を良く観察すると、必ず教材を作った大元の親と繋がっています。

結局は「稼ぎたい」と思っている人に向けて商売してるんですよ。

稼ぎたいという欲求は物欲よりも強いので、物販アフィリエイトよりも簡単に収益を上げる事ができます。

ユーザーの「稼ぎたい」という欲求を刺激して揺さぶってあげればいいんですから。

僕はまず教材とはどういった物なのか、中身を調べるつもりで2万円以下の教材を1つ買ってみました。

中身は全てネットに書かれている事ばかりでした。

沢山稼ぎたければ「同業者」を相手に情報商材を売れ、真っ当にアフィリエイトするなら月50万PVくらい出してやっと20万くらいになるよ。

恐らく僕はもう二度と教材は買いません。

その教材のノウハウが古くなった頃に、親が「今度はこういう教材を作りました、これで稼げます」とまた教材を発売したり、「月○万円でコンサルします」なんてやってるのが殆どです。

こういうのに群がる人たちって、その教祖が居なくなったらどうするんですかね

webの世界は移り変わりが物凄く早いです。

何かに依存しないで自分で調べたりしてそのスピードに付いて行ける人でないと、そもそもネットビジネスで食って行くのは難しいです。

それよりもブログにしろアフィリにしろ、収益を上げている人の有料サロンに入って、当の本人にブログやサイトを見てもらってアドバイスを受けた方が早いです。

ちゃんと収益を上げている人で、月額数百円でサロンを実施している人なんてゴロゴロ居ます。

教材を買うとしたら何を買うべきか

僕は最初、これの答えが真っ先に欲しいと思った。

教材によって向き不向きがあるのは勿論、今では古いテクニックが書いてある教材も沢山有ります。

あれもこれもと教材を買うハメになるのは嫌だったので、ネットで色々なレビューを調べたりした時に、大きく分けて2つの分野が有る事が分かった。

■量産型(物販)

■資産型(広告設置、時々物販)

量産型はブログやサイトを量産してとにかく沢山web上にばら撒くこと。

場合によっては数百のブログをweb上にばら撒く。必然的に中身は薄くなる。

人目に付く割合や検索でHitする割合を絶対的に増やしてやる方法だ。

サイトに訪れる人は「買いたくて調べている人」なので、PV数はさほど重要ではない。

資産型は1つのブログやサイトをじっくり育てていき、ブログの読者やファンを増やしていくやり方。

読者に有益な情報を発信する事で固定のファンを掴み、広告収入や物販アフィリで収益を上げていく。

両者は共に検索からの流入が重要になるので、検索で上位表示される事が最も大きな課題になる。

最近のgoogleは中身の薄いページを検索上位に上げないので、量産型はもう終わった方法になる

いかにしてユーザーに有益な情報を発信しているかで、検索上位に上がるか上がらないかが決まってしまう。

なので、もし教材を買うなら資産型ブログでアフィリエイトする教材がいいだろう。

ほかにもステップメルマガやせどり等あるけど、一番ハードルが低いのが資産型ブログなのだから。

「1日10分で」「簡単に」「誰でも」なんてキーワードが入っている教材は間違いなく詐欺まがいなので、買わないように。

結局稼げるの?稼げないの?どっち?

殆どの人が稼げない。

アフィリエイトで月5万以上稼いでいる人は全体の5%しかいない。

これが定説です。

結局収益はPVの増加によって同じく上がって行くので、毎日ブログやサイトを更新した所で半年は全く収益が上がらない。(googleの検索に上がってくるのが3ヶ月以上掛かるので)

しかも「今日はカレー食べた。美味かった」なんて個人の日記を書いていたっていつまで経ってもPVは上がりません。

せいぜい友達数人が見てくれる程度です。

文章を書くのが余程好き、情報を集めて自分なりに消化して発信するのが余程好きでない限り、半年も結果が出ないで止めてしまう人が殆どです。

アクセス数の推移やどうすれば検索される記事になるのかの研究を、ゲーム感覚で楽しめないとまず続かないです。

ブログの運営を楽しめない人にはまず無理とハッキリ言ってしまいます。

これがアフィリエイトは楽して稼げないという事なんでしょうね。

まとめ

僕はもう病気でサラリーマンには戻れないので、一人で出来るアフィリエイトでどうにかしてでも食って行かなければならないんだけど、よほどの情熱が無いとアフィリエイトで食って行くのは難しいという事だ。

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)