俺のイタリアン歌舞伎町は開店と同時に行くと待ち時間が無くていいよ

DSC_0273

みなさんこにちは。 やんじです。

TVで何かと紹介されていた「俺のイタリアン」に行って来たのでレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

俺のイタリアンとは

一流のレストランで腕をふるっていた料理人を招聘し、高級食材を使いながらもリーズナブルな価格で料理を提供し人気を得ている。立席をメインとすることにより客の収容数を高めると同時に回転を速めて低価格を実現。

俺の wikiペディアより-

ようするに本格イタリアンをリーズナブルな価格で楽しめるスタンディングのレストランです。

なぜこの価格が実現出来ているかというと、普通フレンチやイタリアンはコースで食べると1テーブル90分くらいを占有してしまい、ディナー時間では精々2回の回転しかしないんですね。

なのでお店としては食事をするその空間を含めた価格になっているので、どうしても料理の値段に乗せないと利益が出ないんですね。

俺のイタリアンはスタンディングにする事で客の収容人数を上げ、さらに回転率も上げる事で料理の値段を下げる事に成功していのです。

キメたいデートでの使用はお勧めしない、気が知れた人と行くのがベスト

先に行っておきます。

料理は凄く美味しいです。

値段もびっくりするほど安いです。

スタッフの教育も行き届いていて、とても気持ちよく利用できます。

ただ、店内はとても賑やかです。

スタンディングで狭いので、下手すると後ろの人と背中が当たります。

座って食べたいです。

バルのような雰囲気なんですよね。

それが好きな人は全然OKだと思います。

いくら安くて美味くても、初デートで連れて行くような店じゃないです。

料理はどれも美味しいです。高級食材が驚きの値段

DSC_0274

お通しのパルミジャーノレッジャーノ

DSC_0277

シャラン産鴨肉のソテー、赤ワインソース 1480円

フォアグラ

フォアグラの温かいプリン 黒トリュフソース 880円

DSC_0275

カプレーゼ 680円

ピザ

マルゲリータ 580円

これにソフトドリンク(500円)で二人で7000円でお釣りがきました。

驚きでしょ。

普通のイタリアンに行ったら一人辺りの値段ですよね。

料理の提供時間も短いので、食べたら次を頼むくらいのほうがテーブルがカオスにならないで済みます。

狭いからこそ工夫されているテーブル

テーブルがとても工夫されています。

写真は取らなかったのでイメージが伝わるか微妙ですが、ナイフとかフォークのとかの食器類のバスケットはテーブルの直下に棚があって、そこに入れる事ができます。

一本足のテーブルの下にはこれまたメッシュのバスケットが一周してあり、そこに荷物を入れる事ができます。

コート類はスタッフに言うと壁に掛けてくれます。

テーブルが狭いので料理が乗り切らないのですが、テーブルの中央に子テーブルを設置して、飲み物その他を置いて2段で使う事ができます(スタッフが全部やってくれます)。

ピッツアとかお皿がでかいですから、直ぐにテーブルが埋まってしまいます。

それぞれに残った料理を、スタッフが一つのお皿に纏めてくれます。

これもスタッフが様子を見て、「まとめますか?」って声掛けしてくれます。

休日のディナーどきは並ぶので、開店間際に行くのがおすすめ

16時から開店ですが、開店前から並んでいる事が多いです。

テーブルの予約は出来ないので、並んだ順に案内されます。

僕は少し早めにと思って17時ごろ(60分は待つかなと思って)行ったのですが、あっさり20分後には案内されました。

この日はそんなに並んでなかったです。

間違いなくお勧めのお店です。

歌舞伎町というとちょっとなぁって思う方も居るかもしれないですが、歌舞伎町でもかなり駅側(入り口付近)なので大丈夫ですよ。

以下が実際にお店に行った時の動画です。

1:15くらいからですかね。

それではまた。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク