自己都合の退職でも医師の診断書があれば即日雇用保険が受け取れる

みなさんこんにちは。やんじです。

いかにも検索を意識したタイトルですみません。

最近アクセスが極端に落ちているので(約半分)、少しアクセスを意識していきたいと思います。

スポンサーリンク

ハローワークに行って来たよ

先日の記事で入社の方向に決まったとはいえあくまで口約束なので、僕の公式のカテゴリーは「42歳無職」です。

傷病手当ても天井の1年半貰ってしまったので、晴れて収入が全く無くなりました。

今後どう転ぶか分からないので雇用保険の求職者給付、いわゆる失業手当の給付を受けない訳には行きません。

通常皆さんも会社を辞めた場合、再就職への活動でハローワークに行くと思うのですが、以前記事に書いた通り自己都合の場合は失業手当を貰うのに3ヶ月の待機期間があります。

直ぐには貰えないのです。

離職票の2の退職理由には「本人の申し出による自己都合の退職」と書かれます。

僕のもそう書かれています。

病気で仕事が出来なくなった場合も「自己都合」と書かれますが、病気が原因で退職した事を証明できれば「自己都合」から「会社都合」に変更できるのです。

会社都合の場合の待機期間は7日です。

即日のようなものです。

僕の状態

  • 会社を退職してから1年と2ヶ月経ちました
  • 休職している時から傷病手当を貰っていた(満期になった)
  • 医師が簡単な仕事ならしてもいいよって言ってる

このような状態でハローワークに利用登録と失業手当の給付申請に行きました。

退職してから1年以上経っているので、失業手当の需給延長申請をしなければならないとの事でした。

通常失業手当の需給期間は退職日から1年以内となっていますが、病気などで働けない場合はその期間分だけ最大で4年間の延長ができるようです。

申請時にハロワに持って行く物

  1. 離職票1
  2. 離職票2
  3. マイナンバーが分かるもの
  4. 身分証明証(免許証など)
  5. 印鑑(シャチハタ不可)
  6. 写真2枚
  7. キャッシュカードか通帳(これは確認されなかった)
  8. 傷病手当通知
  9. 就労可能証明書(医師に書いてもらいます)

最初に申請に行った時に上記の物を持ってきてくださいと言われました。

9の就労可能証明書はハロワで貰いましたので、それを主治医に書いてもらいます。

診断書の類なので5000円くらい取られます。

離職票が無い、無くした場合

会社によっては退職してから数ヶ月も離職票を送ってくれない所があります。

あとは無くしてしまった場合もあるでしょう。

そういった場合はハローワークに行って「会社が送ってくれない」「無くした」旨を伝えると会社へ催促してくれます。

離職票を後日提出にして申請だけ先に済ます事ができます。

需給申請をしなければそれだけ初回の振込みが遅れますので、1日でも早くハローワークにいきましょう。

まずは利用登録の受付

建物に入ってまず総合受付に利用登録をしたい旨を伝えると、スタッフが教えてくれます。

指示にしたがって利用登録の申請書に記入して番号札を貰います。

番号を呼ばれて職業相談窓口に行くとスタッフがPCを操作しながらハローワークカードを作ってくれます。いくつか質問に答えたりして10分もしないで完了です。

次に失業保険の申請の旨を伝えると、給付係へ案内されます。

失業手当ての申請

給付係のボックスに職業相談窓口で渡された書類を入れて待つと名前を呼ばれますので、窓口で失業手当の申請をしたい旨を伝えます。

僕の場合はまず需給期間延長の申請をしますので、スタッフの指示通りに申請書に記入して行きます。

その際傷病手当の通知ハガキと就労可能証明書などが必要でした。

実際は何処までが延長申請で何処までが需給申請なのか分かりませんが、スタッフがサクサクとやってくれて15分もしないで終了。

あとがき

まずは一週間後の「雇用保険説明会」に出席した後、第一回目の失業認定日を迎えれば晴れて「失業者」となります。

失業者と認められたら失業手当が振り込まれますので、今月末には1回目の失業保険が振り込まれるでしょう。

あとは毎月1回どこかのセミナー等に参加していれば「求職中」とみなされ失業手当を貰えます。

一応9月を目処に入社する方向ですので、8月はこれでしのぎますかね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク