intuos CTH-680をワイヤレスにしてみたよ もう有線とかありえないわ

DSC_0536

みなさんこんにちは。やんじです。

先日友人から頂いたペンタブにオプションを付けてワイヤレス化してみたので、レポートします。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

やっぱり有線は煩わしい

本体に付属されているUSBケーブルの長さでは、PCを足元に置いている人だと絶対に届かないような長さだけど、ノートPCで机の上に置いてやる人には長くて邪魔になる。

僕の部屋のようにPCは床に置いて、PCラックは地べたリアン用の低いパイプラックとかにしていると、モニターとキーボードを置いたらラックは一杯。

キーボードをどこかに立てかけてやっとペンタブを置けるスペースが出来るんだけど、PCの裏のUSBポートにペンタブをつなげたくはない(使うたびに繋いで本体はしまっておきたい)ので、結局PCのフロントUSBポートに接続するんだけど、そうすると付属のUSBケーブルでは長さが足りないんですよね。

うちはPCが右置き、ペンタブのUSBは左側接続なので結構無駄があります。

各部の写真を撮ったよ

DSC_0536

パッケージ。

オプション本体はとても小さいので、箱もコンパクトです。

DSC_0537

付属品はバッテリー、送信機と受信機、クイックスタートガイドと保証書です。

DSC_0538

本体の裏ぶたを開けてバッテリーを装着します。

DSC_0539

こちらには送信機を装着。

USBコネクターに差し込むように入れます。

DSC_0540

送信機を装着してUSB接続をすると充電が始まります。

オレンジは充電中、充電完了でグリーンになるようです。

このLEDは充電時のみ発光なので、本体の電源はタブレット面にある電源シグナルが発光します。

その横にあるのが電源ボタンです。

6時間充電で最長15時間のワイヤレスができます。

6時間の充電ってのがちょっとアレですが、携帯用の急速充電で充電してみたらどうなるかとか、自己責任で今度実験してみたいと思います。

オプションでワイヤレス化が安価にできるならやるでしょ

小さな受信機をPCのUSBコネクターに差し込むと自動的にドライバのインストールが始まって、完了と共にワイヤレスで使用できます。

試しにアプリを立ち上げて使ってみましたが、ケーブルが無いってこんなにも良いのかって思いました。

限られた環境でペンタブを使わなきゃいけない人にとっては、ワイヤレスはかなり便利ですよ。

もうこれなしでは使いたくないくらい。

気になる遅延とかは一切無いですね。

有線と同じ感覚です。

マニュアルには「基本的に電源は入れっぱなしでいいよ、使わないときはスタンバイモードになるし」って書いてありますが、今は毎回電源を入れたり消したりしてます。

この辺ものちのちレポート出来ればよいなって思います。

ではまた。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)