その人と恋愛できるか出来ないかは第一印象で9割決まる

bsD157_tohkohart

みなさんこんにちは。やんじです。

人は相手と恋愛できるかできないかは、第一印象で9割方決まってしまいます。

あなたも良く思い出してみましょう。

異性に会った時にまず何を考えますか?

「あ、素敵だな」「あ、可愛いな」とか思うはずです。

「なんだよブ○だな」「感じ悪いな」って思ったら、殆どが恋愛には発展しなのです。

実はお茶目な所があった、ギャップがあったなどもあるでしょうが、それらは残り1割のイレギュラーな例なのです。


恋愛の話しではないです

第一印象で決まってしまうと言えば、就職に関する面接でも同じ事が言えます。

企業によってはテスト(SPI)など受けさせられるのもあるでしょうが、相手が条件を重視するような企業であれば、職務経歴書や学歴が分かる書類でまず落とされます。

僕は今までバイトを抜くと4回職を変えてますが、面接に呼ばれた企業からは全て内定を貰ってます。

受かった所に行くのではなく、内定を貰った所で一番条件がいい所をこちらが選べる状態でした。

機会があったので人事に聞いてみました

僕は今まで巨大企業には1社しか勤めたことがなく、それ以外は社員数50人未満のベンチャー企業が多かったのですが、喫煙所などで人事権を持っている人に聞いてみた事があります。

Q:面接の時には何を見るのか

A:真面目そうかどうか。それに尽きる。

との事です。

100人以上の面接を行ってきたマネージャーに聞いた事で興味深かったのが

たった1時間の面接数回でその人の事なんて分からない。

職務経歴書なんて参考程度にしかならないし、面接なので当然だけどお互いに良い事しか言わない。

実際に仕事を一緒にしてみないと分かるはずも無いので、俺が重視してるのは「この人真面目そうかな」って事だけだ。

だそうです。

確かにその通りだなって思います。

面接では良い事しか言わないのは当然なので、その話し方や受け答え、目線などは見るけど「ぱっと見真面目そうだな」って見える外見が重要であるみたいです。

その担当者が言っていたのは、「やんじ君は今までの中で一番見た目と年齢のギャップがあったよね」って言ってました。

有難い事に、僕は実年齢より若く見られる事が多いです。

結局は人は見た目でなんだと言う事ですね。

その前の会社の社長にも「お前は面接した時の人柄で取った」と言ってました。

見た目は変える事ができる

生まれや家柄はどうあがいても後から変える事はできないですが、人の見た目なんてある程度変えることができますし、重要な「清潔感」なんかは洋服や身なりで何とでもなります。

僕は歯並びにコンプレックスがありました。

上の前歯がガッタガタで、大人になってしまっているので矯正するにも難しかったのです。

歯並びを気にして人前で笑う事が出来ず、いつも写真はムスっとした物ばかり。

人前でニカっと笑えないのはもう嫌だと、歯医者に相談に行きました。

歯科医は年齢的に矯正は難しいから、前歯を全て差し歯にしてしまえばいいと教えてくれました。

その時は前歯4本を差し歯にして綺麗にしましたが、今は前歯8本が全て繋がっているブリッヂとなっています。

かみ合わせも調整したので、顔のラインも以前よりは変わりました。

全て保険内で治療できるので、前歯に関しては5万も掛かってないです。

確か1本3,000円の差し歯です。

僕は別にファッションセンスがある訳でも無いですし、高い洋服を着ることもありません。

良く行くお店はジーンズメイトやユニクロですが、第一印象はよく見られる事が多いです。

笑顔は人の壁を取り払う最強の武器

笑わない美人と、ころころよく笑う普通の人ではどちらと接したいと思いますか?

笑わないイケメンと、ニカっと笑う普通の男性ではどちらと話したいと思いますか?

中には美人至上主義や、不愛想のイケメンに蔑ろにされるのを好む人もいるでしょうが、そんなのは少数派です。

人は不愛想な相手より、笑顔の相手に心を開く生き物です。

地球上の生物で「笑う」のは人間のみですからね。

僕は元々の性格もあるのでしょうが、歯を綺麗にしてからはよりよく笑うようになりました。

面接なんてどうせ落ちたらそれまでと考えているので、笑顔で堂々としています。

ちょっと嫌な質問にも正直に答えますね。

自分を取り繕っても結局後でほころびがでますし、後でキツくなりたくないので、面接では全てさらけ出します。

いつかの面接で言われた質問に「自分の長所と短所を教えてください」と言われた事があります。よくされる質問ですよね。

これに僕は「特筆して人より優れる所がないけど、何でもある程度はこなす事ができる」と答えます。まさに僕にはこれが当てはまります。

これは恋愛にも当てはまります

結局恋愛の話しかよ。

僕は企業の面接と恋愛って通ずる物があると思うんですよね。

企業なんて条件ばかり気にする嫌な女と一緒だと思います。

自分がどうしても就職したい(付き合いたい)相手と、どう頑張っても合格(付き合う)事ができないなんて事良くあるじゃないですか。

落ちたらいちいち気にしてないで、さっさと次に行けばいいのです。

企業(女)なんて他にも沢山あります。

どうせ付き合っても居ない相手の事なんて表面的な事しか見えてないんだから、今の好きって感情だって「給料が良い」「週休2日」「顔が可愛い」「おっぱいが大きい」「オフィスがお洒落」こんなもんですよ。

身の丈にあった別の人をさっさと探せばいいのです。

ありのままの自分を見て欲しいなんて甘え

はい。ここでやっと見た目の話しに戻ります。

身の丈にあった相手にするのは当然なのですが、ありのままの僕を好きになって欲しいなんてのはもっての外で、今の自分が何処に出しても恥ずかしくない見た目をしているならいいですが、殆どの人はそれには当てはまらないでしょう。

見た目なんて金さえ使えば幾らでも変えられるんだから、まず見た目を変える事をするべきだと思います。

見た目がいいと得する事ばかりですよ。

サロンによってはスタイリストが居てトータルコーディネートしてくれる所もありますし、個人的にファッションコンサルをしてくれるサービスもあります。

歯並びは歯医者で保険内で綺麗にできるし、体型なんかは痩せればいいだけです。

最初の一歩を踏み出すことができれば、あとはそれを継続できれば未来は明るく広がっていますよ。

でも僕はありのままの自分を好きになってくれる人がいいけどな

それではまた。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)