今年の移住計画に暗雲が立ち込めてきた

the-scenery-679011_1280

皆さま明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

年末年始は妻の実家に帰省していました。

初詣でおみくじを引いたりしたのですが、その結果はいかに

スポンサーリンク

仕事「損をする」転居「控えるべし」

うわー;;

いきなりこれかよ。。

結果は「末吉」で仕事は「損をするよ」、転居は「やめておいたほうがいいね」という結果でした。

去年は厄年だったのですが、今年はいわゆる後厄。

今思えばうつになったり仕事辞めたりと、去年は本当に厄年だったんだなって感じです。

サラリーマンをやめてネットビジネスを始めたのですが、損をするってか。

まぁ最初の1年なので、これだけで食べて行けるとは思ってはいませんが、それが「損をする」って事なんですかね。。。

ばーちゃんのボケが最終段階に達していた

結婚前から何度も遊びに行っていたのですが、ばーちゃんのボケはかなり進んでいました。

一昨年くらいまではそれでも息子である妻のお父さんの事だけは分かっていたのですが、今回帰ったら誰の事も分からなくなっていました。。。

数分おきに「家に帰る」と言い出し、「家の人は私がここにいる事分かってるのか?」と何度も言います。

記憶はもう自分が生まれ育った幼少期まで退化しており、自分に息子がいる事はおろか、孫が居る事も理解できていないようす。

記憶は1日はおろか数時間も持たず、同じ事を何度も聞いてきます。

一週間フレンズなんか可愛い物で、ワンニミッツフレンズなんですよ。

体は凄く元気なので(足腰はしっかりしている)、フラフラ徘徊してしまうのが困りものです。

本人としては家に帰ろうとしているんですよね。

痴呆の特色なんだとか。

日中はデイサービスに行っているのでまだいいのですが、夕方に帰って来てからが本番。

寝るまでの数時間を一緒に過ごしているだけで疲れます。

ばーちゃんからしてみたら、今目の前にいる連中は全くしらない人達。

早く自分の親の元へ帰らなきゃって感じなんですよね。

お父さんは「ばーちゃんの家はここだから」とその都度言っているのですが、多分本人は理解できてないでしょう。

そういう時は「では送って行きますよ」と言って外に連れ出し、少し歩かせた後に「今日はもう遅いから、明日送って行きますよ」っていうと良いらしいですが、記憶が数分と持たないばーちゃんにそれが効くのか疑問です。

この相手は本当に疲れますよね。

移住した際の僕の書斎と夫婦の部屋を見て回りました。

夫婦の部屋は妻の部屋をそのまま使うのですが、書斎は今の自宅と同じ広さの部屋でした。

東京の部屋なんてほんとウサギ小屋だなって思いましたよね。

犬のトレーニングを始めます

妻の実家では雑種の中型犬を飼っています。

顔がでかく足が太くて短いので、おそらくコーギーが入っていますね。

これがまたしつけがされてないので言う事を聞かないんですよね。

散歩以外は小さなケージにずっと入れられてしまっているので、なんだかかわいそうだなって思ったんです。

今は8歳くらいだそうですが、残りの犬生をずっとこうやって過ごすよりは、リビングで家族と一緒に過ごせた方がいいのではと思います。

何より僕が圧倒的に暇なので、しっかりトレーニングをして僕のパートナーにして行けたらいいなってのと、そのトレーニングの様子もブログネタにはいいなーって思ったのもあるんですけどね。

まぁ最大の心配事はですね。

まだご両親に無職になった事と移住する事は伝えてないんですよね

それではまた。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク