キャプチャーカメラクリップでお散歩撮影が捗るようになったよ

みなさんこんにちは。やんじです。

先日カメラを買ったのと同時にこんな便利な物を買いました。

これを使う事によってほんと気軽にカメラを持ち出そうという気になれるので、その使い勝手をレポートするよ。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

ストラップを着けて首から掛けるのは嫌

カメラの大小はあれ、外に撮影に持ち出す時ってこういうスタイルになるじゃないですか。

これ、結構邪魔になるんですよ。

前かがみになるとブラーンてなりますし、大抵リュックやボディバッグも背負っているので、バッグのストラップとカメラのストラップの両方を掛けるわけですが、カメラを掛けたままボデイバッグやメッセンジャーバッグの中を取ろうとバッグを動かそうとすると、カメラのストラップが邪魔になってあわあわ。

じゃぁカメラ外せばいいじゃんって意見もありますが、その一手間って結構面倒だったりします。

キャプチャーカメラクリップはそんな悩みから全て開放されます

このクリップの素晴らしい所は、手持ちのバッグ類が全てカメラのストラップの変わりになるのです。

いいでしょこれ!

とにかく下の公式動画を見てくれ。

自転車乗りながらささっと撮影。

バイクに乗りながらささっと撮影ってのがほんと捗ります。

もちろん歩きながらの撮影でもさっと外してぱっと撮るなんてお手の物。

カメラをミラーレスにしたってのもあるのかもしれないけど、これにしてからほんとカメラを外に持ち出すようになりました。

各部を見ていくよ

結構ちゃんとした化粧箱に入っています。

その分取り出しにくいです。

内容物はクリップ本体、プレート、袋にレンチです。

プレートはアルミっぽくて、本体はスチールぽいです。

結構ずっしりしてます。

プレートのカメラ側は滑り止めのゴムになってますね。

プレートは正方形なので4方向から本体に接続する事ができます。

中央の溝にスライドすると「スチャッ」とスムースに接続されます。

これがかなり小気味いい。

赤いボタンを押すとロックが外れてスライドさせる事ができます。

この赤いノブボタンは45度ひねる事ができて、それによってボタンをロックする事ができます。

このボタンは何かにぶつかって押されるという事が無いので、ロックは全く使っていませんが、そういうった安全装置が付いているのはいいですね。

黒いノブを回すことで溝のクリアランスの調整が出来ます。

あまり閉め過ぎるとプレートが入らなくなりますし、入ったまま閉めると外せなくなります。

少しカタつくくらいが出し入れしやすいですね。

カタつかないくらい閉めてしまうと外せなくなります。

この溝中央のプレートが前後してキツさの調整をするみたいですね。

プレートは一眼レフ用なのでミラーレスだと大きめです。

α6000だと液晶のチルトが出来なくなります。

その場合はこちらのマイクロプレートに変えるのですが、これだけで3,000円;;

結構良いお値段します。。。

プレートは正方形なので4方向からスライドさせる事ができます。

いつも使ってるボディバッグに着けてみたよ

こんな感じで装着してます。

カメラは丁度鎖骨の辺りに来て、太いストラップ部の所に当てているのでカメラが暴れる事もなく、めくれる事もなく落ち着いてくれています。

座り移動が多い場合は、バッグの近くに装着する事によって(背中でバッグを潰してしまうので体の前に持ってくる)背中で邪魔になる事もありません。

カメラバッグに入れてカメラを持ち出すのがもう億劫になってしまったので、これはとても良いです。

もう交換レンズを持ち歩く事も殆ど無いので、お散歩レンズを着けて気軽に持ち出せるので重宝してます。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)