Youtubeに動画を投稿したら「AdRev for a 3rd Party」という所から著作権侵害の訴えをされたよ

みなさんこんにちは。やんじです。

先日Youtubeにゲーム配信動画をアップロードした所、聞きなれない団体から「著作権を侵害している」という通知がきました。

僕がプレイしているゲームはPS4の「ゴーストリコン ワイルドランズ」というゲームで、これはSonyがゲームをyoutubeで配信していいよとされているゲームです。

ゲーム内の音楽、効果音は全てUBIが所有しているので、知らん団体が何を言ってきても筋違いという物です。

スポンサーリンク

AdRev for a 3rd Partyとは何か

このキーワードを検索すると出るわ出るわ。

日本のJASRACみたいな所みたいですが、どうやら全く関係無い音源に対して「あんたが使ってる楽曲は著作権を侵害している金払え」と訴えてきて著作権料を徴収する詐欺企業みたいです。

っとまぁマトモな企業じゃないですね。

Youtubeに動画をアップロードしているユーザーに対して有りもしない著作権所有を訴えてきて、動画に広告を出して自分の所の儲けにしているトンデモ企業です。

Youtubeの収益システム

Youtubeが出現してからというもの、TV番組やCD音源、映画やアニメ等の映像のアップロードが横行したんですよね(今も横行してますが)。

Youtubeは最初は人的にそれらを削除していましたが、違法アップロードの数にどうにもならなくなりました。

幾つかの企業からも訴えられて裁判とかやってましたよね。

そこでYoutubeが考えたのが、Youtubeの収益の○%をJASRACに支払いますよーとか、広告を出してその収益を著作権保有者に支払いますよーという物でした。

僕がYoutubeに動画をアップロードした当初(4年前くらい?)は、動画内で使用している楽曲のitune販売サイトへリンクが付くという物でしたが、現在は動画に広告が出る仕様に変わりましたね。

映像に関しての検知システムは分かりませんが、楽曲の検知システムは凄い物を開発していて、当時は音屋の間では話題になりましたね。

ザワついた運動会の会場に流されていた楽曲に反応したなんて報告も上がっています。

Youtubeにアップロードされた動画は全てこの検知システムに一旦掛けられます。

そして登録されている楽曲と一致する物を検知した場合、著作権保有者とアップロードしたユーザーに自動的に通知がされます。

なので人様の楽曲を使った動画をアップロードした数分後に通知が来ます。

凄いですよ、楽曲のタイトル、レコード会社の名前まで表記されて来ますからね

で、僕がアップロードしているバイク動画なんかは洋楽を使う事が多く、当然レコード会社から許可を取ってないので(個人で許可を取るのはほぼ無理)、このシステムは逆に有りがたかったりします。

動画に広告が出るようになる事で公然と人様の楽曲を動画で使用できるわけですから。

楽曲使用料を広告費から代わりに払うよーっていうシステムです。

今回は何が問題か

はい、システムの説明はいいとして、今回何が問題なのかという事を簡単に説明します。

僕はPS4を使ってゲーム配信をしています。

これはSonyが「youtubeにゲームプレイをアップロードしていいよ」と認めた機能です。

ゲームの核心に迫るシーンとか、そういったものには自動的にモザイクが掛かるようになってます。

ゲームの開発の時点でそういう物を仕込んでおけるんでしょうね。

対策はコッチでするからユーザーは好きにゲーム配信していいからね!っていうものなんですよ。

で、今回の「AdRev for a 3rd Party」っつー所は、「ゲーム内で使用している楽曲はウチが著作権を所有してる!」と訴えてきているのです。

ゲーム内の楽曲及び効果音の著作権は製作会社のUBIが所有してるにも関わらずです。

で、youtubeを収益化してないユーザーからすると動画に広告が出るだけですので特に問題ないのですが、僕みたいに動画を再生されると微々たる収益があるユーザーにとって有りもしない著作権を主張され、収益がその詐欺企業に入るのは到底納得できません。

僕の動画なんて100も再生されないから収益なんて全く無いんだけど、これはお金の問題ではなくそういった詐欺企業がのうのうと生きているのが許せないのです。

SonyやUBIに主張されるのなら当然納得行きます。

今回は動画をアップロードして数日経ってから訴えが来ました。

恐らく手動で訴えをしてきてると思います。

ゲーム内の車のラジオで流れている楽曲に対して訴えられました。(問題の箇所から再生されます)

「Adios (a) 」という楽曲で「William Kyle White」というアーティストで「APM Music」というレーベルで「Sonoton Music」という所が著作権を所有しているみたいです。

どれも尤もらしいですが嘘っぱちです。

youtubeとしてのスタンス

著作権侵害の訴えに対する異議申し立ての際は、お客様自信で法律の専門家を雇ったりして対処してね。Youtubeとしては関知できないよって明記されています。

著作権問題はめんどくさいから関わりたくないよって事でしょうね。

他の人はどうしているのか

ツイッターやwebで検索してみましたが、殆どの人が泣き寝入りをしているみたいです。

大手ゲーム実況者の「○者○者」さんもこのゲームの動画を上げていて恐らく収益化してます。

1動画上げるだけで100万再生に達するので収益化してない方がおかしいですからね。

この詐欺企業がYoutubeの自動検知システムに楽曲を登録していたら、機械的に問答無用で同じゲームをやっている人全員が訴えられます。

特に大手が騒いでないので、恐らくこの企業は再生回数の少ない弱小相手に手動で訴えを起こしているのではと考えます。(ヘルプに著作権侵害の訴えボタンがある)

Youtubeから招待されるような大手が声を上げたらYoutubeとしても放って置く事はできないはずです。(自分の所の収益にもなるので)

訴えが来てから異議申し立てまでの時系列

知らない所から訴えが来た

まず人様の楽曲や映像を使用するとYoutubeからこういったメールが飛んできます。

これは先日上げた大洗の動画です。

アップロードした直後にこのメールが来ます。

ガルパンのサントラの音源を使ったので、ちゃんとタイトルとレコード会社の名前が記載されています。

こういった場合、Youtubeを収益化してないユーザーの動画には広告が表示され、僕みたいに収益化しているユーザーの広告収入は著作権所有者に支払われます。

今回来たメールは以下。

これ、動画をアップロードした次の日に来ました。

しかもゲーム配信動画についてです。

UBIやSonyとは全く関係無い所が訴えを起こしています。

100歩譲ったとしてゲーム製作会社が誰かの曲を勝手に使ったとしても、僕が訴えられるのはお門違いです。

この場合、異議申し立てをしないと収益はこの企業の物になってしまいます。

即座に異議申し立てをした

Youtubeの管理画面から異議申し立てをしました。

その時はこんなにこじれるとは思ってなかったのでチャプチャーは取ってませんでした。

フォームが現れ、著作権所有者に対しての異議申し立てが出来ます。

「このコンテンツは著作権所有者から文書により許可されたコンテンツである」のラジオボックスにチェックを入れ、自由入力フォームに「ゲーム配信はPS4で許可されています。仮に曲の無断使用が有ったとしてもゲーム製作会社に言ってください」みたいな事を書きました。

次の日に相手から突っぱねられました

「は?何言ってんの?著作権はウチが持ってるし」

って事らしいです。

Youtubeが凄いのが、こうやって言ってきている企業側の方についています。

なぜなら収益のステータスはこのやり取りの間、ずっと相手側になっているからです。

webで調べると1回目で向こうが引き下がる場合もあれば、何回も突っぱねられるパターンもあるみたいです。

Youtubeのルールとして3回著作権侵害の警告を受けるとアカウントが削除されると書いてあるので、ビビって2回目の異議申し立てをしないってパターンが多いみたいですね。

この3回ってのは1つの動画ではなくて、別々の案件で3回警告を受けると駄目って事なんじゃないですかね。

それらも検証するためにこのアカウントを使ってトコトンやってみようと思ってます。

もともと弱小チャンネルなので削除されても痛くも痒くもないです。

根回しをして再度異議申し立てする

僕は知り合いにSonyの社員が居ます。

しかもPS4に深く関わっている人物です。

早速色々聞いてもらいました。

今、担当デザイナーにも確認したけど、PS4から配信している限り、ユーザーが訴えられる(=ユーザーに不利益が出る)ようなことは絶対にないはずです。
まぁ、聞く限り全く問題ない&問題あってもUBIの責任だね。
もし、その苦情が、PS4のメッセージ機能で送られてきているのであれば、
「報告する」機能でうちの会社にチクることもできますよー。

だよね(急に強気になる)

上記はYoutubeの管理画面です。
訴えを起こされている楽曲の使用箇所まで詳細に出ています。
どうやら車に乗った時のラジオで流れる楽曲みたいです。
こういう楽曲もゲーム製作会社が自前で作っているはずです。
なので赤線の所の「申し立ての再審査を要求する」リンクから再度異議申し立てをします。
この段階でもYoutubeは一切関知しておらず、前回の申し立ての内容は直接著作権所有者を名乗る「AdRev for a 3rd Party」に送信されています。


訴えられてる楽曲を選択して。

今度は個人情報を入力します。
だいたいこの個人情報入力でみんな引き下がるみたいです。
詐欺を行うような企業に個人情報を渡すのを嫌がるんですね。

でも僕は賃貸ですしメアドもgmailなのでかまいません。



一番下の自由入力フォームには以下を入れました。

youtubeによるゲーム配信動画はUBIおよびSonyから許諾されたコンテンツであり、上記メーカー以外からの著作権侵害の訴えは不当であります。
PS4の基本機能としてyoutubeにゲームをアップロードする事が認められています。
プレイステーションの公式サイトです。PlayStation4のネットワーク機能についてお伝えしています。
上記URLの一番最後に「ゲームを世界中に配信できる」と書いてあります。
私へ著作権侵害を訴えるのではなく、ゲーム製作会社のUBIもしくはSonyに対して訴えてください。
再度侵害を訴えてるのであれば、これをyoutube及びSonyに報告させていただきます。
海外の企業なんで日本語が通じるとは思えませんし向こうはそんなの分かってやってると思いますが、一応こちらのスタンスを明確にして起きたかったのと、コンテンツが著作権の侵害をしていない事を証明する文書及びURLを張りなさいと注意書きに書いてあるので、PS4のURLを張りました(笑)
これを送信してからはまだ向こうから連絡はありません。
このまま30日が経過すると訴えは無効になりコンテンツは僕の元に帰ってくるようです。

あとがき

この著作権詐欺云々は2013年ごろから表面化してきているみたいです。

古くは2012年の記事が見つかりました。

フリーの素材や自分の作曲した楽曲にまで著作権を主張してきているトンデモ団体です。

JASRACよりも悪質です。

他にもゲーム配信者でこれをやられている人が検索で出て来ました。

コンテンツ所有者が「AdRev for a 3rd Party」になっちゃってるゲーム動画もありました。

ゲーム配信はPS4の基本機能です。公式はどんどんwebに配信してくれというスタンスです。
なので僕はトコトン争ってみようと思いました。
これを記事にする事で他のみんなもどんどん異議申し立てをして詐欺団体に負けないで欲しいです。
動きがあったらまた記事にしますね。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク