SUNWAYFOTOクイックリリースクランプ(DDC-26)を買ったよ

みなさんこんにちは。やんじです。

先日買ったキャプチャーカメラクリップが凄く良かったので、アルカスイス互換のプレートをカメラに付けっぱなしにしているのですが、いざ三脚を使おうとなるといちいちそのプレートを取り外さなきゃいけないのが煩わしかったのです。

アルカスイス互換のクランプが沢山出てるよ

Amazonで「アルカスイス クランプ」と検索すると結構な数で出てきます。

沢山あって迷いますが水準器要らない、ゴツイのは嫌で潰して行くとwebでも評判のいいクランプが出て来ました。

このクランプを普段使う三脚の雲台に取り付けておけばほら、あなたの三脚もアルカスイス互換に早代わり!

今まではクイックシューという物が主流だったみたいですが、それだと各社独自の規格なので他のクイックシューとは基本的に共有できません。

SUNWAYFOTOのが良さそうだよ

早速Amazonに発注だよ!

値段の割には結構ちゃんとした化粧箱に入ってきました。

クランプを取り付けるビスが入っていましたね。

通常は三脚についているネジをクランプに取り付けるので、これは使いそうにありません。

横のつまみを回すとクランプが開きます。

キャプチャークリップのプレートを付けてみました。

工作の制度は結構高い感じがします。

この三脚の雲台に付けてみます。

はい付きました。

ビスの長さが結構ギリで、最初付かないのではと思いました。

はい、こんな感じで一度クランプを付けてしまえば次からはクランプに挟むだけなのでサクっと三脚に取り付ける事ができます。

これはとても便利ですよ。

普段はキャプチャークリップでボディバッグに付けていて、出先で三脚を使う場合はプレートを付けたままサクっと付けられます。

注意点

とても良い製品なのですが、最大の問題点があります。

これはwebで調べている時には一切出てきませんでした。

クランプの裏面なのですが、軽量化の為なのか中央が十字型に削られています。

その先にネジ穴が切ってあるのですが、三脚から出ているビスの長さがギリギリで最初の二巻きくらいしかハマりません。

大体三脚から出ているビスの長さなんてこんなもんじゃないですか。

これがギリギリしか届かないんですよね。

もう1つのSLIKの三脚もこれくらいの長さでギリギリ付いたのですが、軽いミラーレスだからいいものの、大きな一眼レフでさらに巨大なレンズを付けている場合はちょっと心配です。

これを使って夜景の撮影に出かけようと思っているので、詳しい使用感などはまた更新しますよ!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)