AdRev for a 3rd Partyという所から著作権侵害の訴えをされたその後

みなさんこんにちは。やんじです。

先日YouTubeにゲームプレイ動画をアップロードしたら「AdRev for a 3rd Party」という訳のわからない団体から著作権侵害の申し立てを受けたって話しに動きがありました。

訴えを受けた時の話しはこちら

みなさんこんにちは。やんじです。 先日Youtubeにゲーム配信動画をアップロードした所、聞きなれない団体から「著作権を侵害し...
スポンサーリンク

30日も経たずに申し立てを撤回してきた

はい。先に結論を言っちゃいます。

本日(4月26日)YouTubeからこんなメールが来ました。

2回目の先方からの訴えに怯む事なく再度異議申し立てをしたのが4月11日。

このまま30日が経過すれば自動的に訴えは無効になるという事でしたが、それを待つ前に先方が訴えを取り下げてきました。

当たり前です。

ゲームの中に流れている音楽に対して著作権侵害を訴えてくるなんで言語道断です。

いやほんと酷い話しですよ。

こういう明らかに詐欺を働いている団体への対策はYouTubeはしてないんですかね?

っていうか海外でも結構被害を受けている人が居るみたいなので、YouTubeに直接文句言ってるユーザーが沢山居ると思うんですよね。

YouTubeは何もしてくれない

駄目みたいですねー。

この人も同じ被害にあってめっちゃ怒ってます。

YouTubeに問い合わせても取り合ってくれなかったみたいですね。

僕と同じように異議申し立てをして撤回してきたパターンが紹介されています。

2014年2月20日によせられらYoutube「AdRev for a 3rd

YouTubeを収益化してない人には全く関係ない話しでしょうが、自分の家の敷地内で勝手に屋台出して「ここは俺のスペース!」って商売してるのを放置しているのと一緒なので、そんなクソみたいな奴には断固対処して行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク