XZ1にアルミのバンパーを付けたよ

みなさんこんにちは、やんじです。

やっとこさ欲しい色のバンパーが発売されたので早速注文してみました。

スポンサーリンク

EDGE LINE-BUMPER for Xperia XZ1

今回発注したのはalumaniaというメーカーのedge lineというシリーズです。

アルミバンパーを検索していたらこれにたどり着きました。

これと双璧を成すバンパーにdeffというメーカーのもあり、こちらは本体色と同色のバンパーになるのでかなり悩みましたが、バンパー自体が楕円形のデザインなのでちょっと女性向けかなって思いました。

このバンパーは装着に工具を必要としないので、頻繁にバンパーを外したい人には良いかもしれないですけど、おじさんが持つデザインではないですよね。

アルミバンパーも安いのは980円からありますが、安いやつはいい評価を聞きません

アルマニアのバンパーは高いですが物を見て納得しました。

各部を見て行きましょう

洒落た化粧箱に入ってやってきます。

高いだけあります。

箱から出すとなんと専用のポーチに入っています。

内容物はパンバー、ポーチ、説明書、レンチ、ストラップアタッチメントX2になります。

高いだけあります。

バンパーの色はガンメタ。XZ1のムーンライトブルーに一番合う色かと思います。

アルミなので驚く程軽いです

手に取った瞬間「これは精度の高い工業製品だ」と感じます。

シャッターボタンの両脇にガードが付きました。

XZ1はシャッターボタン長押しで待ち受けからカメラを起動できるのですが、何気なく持った時にボタンを押してしまってカメラが起動してしまうって事が頻繁に起きました。

このガードのお陰で今後はそういった事は無くなりそうです。

左手で持った時にこのシャッターの窪みに薬指ないし小指がはまるのでホールド性が上がりました。

USBポート、マイク、ストラップ穴。

ストラップ穴とシリーズ名、SDカードスロット穴。

会社ロゴ。

イヤホン、マイク、ストラップ穴。

ボリュームボタン。

本体のボタンは1つのボタンの両端が押せるタイプになっていて、個人的には押しづらい感じがしていたのですが、これでとても操作性が良くなりました。

ボタンの内側はスポンジテープで押さえてあるだけです。

各コーナーにも本体に傷を付けないようにスポンジが張ってあります。

恐らく水に塗らすのは非推奨だと思います。

僕はバイクナビとして使ったり風呂場に持って行くのですが、これは要検証ですね。

取り付けるよ

はい。繋ぎで本体を守っていたシリコンのカバーです。

これは使っているうちにカパカパしてくるし、細かい砂みたいなのを吸着するのでとにかく駄目なカバーでした

滑らないってのは良かったのですが。

本体には全面ガラスフィルムを着けているのでバンパーとの干渉を懸念していましたが、干渉する事はありませんでした。(よかった)

変な隙間も無くピタッと収まります。

この辺はさすがだと思います。

高かったし。

裏面になります。

個人的には背面パネルも着けたいのですが、素材が合皮らしく水濡れは完全にNGになりそうです。(ナビとして使うと絶対に塗れるので)

背面パネルを着けるとバンパーと面一になるので凄く一体感が出るんですよねー。

でも風呂には持っていけなくなりますね。

もろもろ心配していた箇所

デザインを見た時からムムっと思っていた電源ボタンですが。

やっぱり相当奥まっているので押しにくいです。

指紋認証は効かなくなったので再登録しました。

真横から押す事が出来なくなったので、この大きく開いている背面寄りから指を入れる形になります。

指紋認証を使わなければオプションで押しやすいボタンに変えられるんですけど、指紋認証は結構便利なんですよね。銀行系とかパスワード入れないで良くなるので。

USBポートです。

普段使っているケーブルとの干渉もありませんでした。

パンパーと本体に隙間は一切なく、既に張っていたガラスフィルムと干渉する事も無かったので安心しました。

金属製なので電波干渉が多少あるとの事ですが、今の所外に持ち出していないので影響は分かりません。

アルミバンパーは滑ると聞きますが、このバンパーの表面はしっとりしているので素手で触る分には滑る感じはしません。

ただし手袋などをしている場合は猛烈に滑ると思います。

あとがき

総評としては大変満足しています。

バンパーをつけても体感する重さの変化はありませんでした。

大きさは一回り大きくなりますが、逆に薄くて持ちづらかったXZ1が持ちやすくなったのが良かったですね。

電源ボタンが押しづらいので、指紋認証を捨ててオプションのボタンを買うか、僕の指が慣れるかどちらが先かです。

風呂に持ち込むのを止めて背面パネルを着けるか迷いどころです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク