クロネコヤマトを語ったメールが横行している件

556d5ad605e99_1

みなさんこんにちは。やんじです。

ここ数日連日のようにクロネコを語ったメールが送信されてきます。

クロネコヤマトのweb会員でメールアラートを有効にしているユーザーは注意が必要です。

僕はクロネコを使ってないのにメールが来たので気づきましたが、頻繁に使っている人は危ないかもしれませんね。

添付ファイル付きのメールの添付ファイルは開けちゃだめ

このメールは添付ファイルがあるのが特徴で、添付ファイルさえ開かなければどうって事ないです。

それでも一定数添付ファイルを開けちゃう人が居るんですよね。

公式サイトでも注意を呼びかけています。

本物のクロネコのアドレスで送ってくる

無題

無題2

これが実際に送られてきたメールの内容です。

送信者が「mail@kuronekoyamato.co.jp」と「mails@kuronekoyamato.co.jp」なんです。

検索すると公式サイトが沢山出てきます。

実際にクロネコが使っているアドレス「mail@kuronekoyamato.co.jp」から送信されているのが悪質です。

おかしいな?って思ったのが7月12日は実際には火曜日なんです。(メールでは土曜と水曜)

公式が日付のミスをするとは思えないので、何だこれって思いました。

更に今日送られて来たメールはアドレスが「mails@kuronekoyamato.co.jp」となっていました。

sが増えているんです。

このアドレスには「s」が入っているので、迷惑メール指定しちゃっていいと思います。

sが入って無いアドレスは本物でも使われているので、これはスパム指定する事ができないですね。

ヤマトのwebサービスを使っていなかったり、今後も使う予定が無いならスパム指定しちゃってもいいと思いますが、僕はたまに使っているんですよね。

ドメインが本物と同じ物を使っているのはなかなか悪質だと思いますね。

これだとドメインでスパム指定できません。

宛先なんてプログラムで簡単に書き換えられる

web屋の仕事をやっている(た)と分かるのですが、こういったスパムメールはプログラムで無作為に送信します。

その際に宛先なんてこちらが指定した自由なアドレスを指定できるので、そもそも宛先なんて本物を使う事はいくらでも出来ますからね。

本物と同じアドレスはスパム指定できないので、今後ヤマトがどう出るか、このメールが今後も送られてくるのか引き続き動向を見たいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)